2017年02月18日

こちらマグプル区マグプル公園前マグプル(2巻)

どこか利益出過ぎて出過ぎて困ってる会社はありませんか?
俺に月給100万円くらいくれたら無駄遣いしまくって見事に相殺して見せますよ?(挨拶)

つーこってアレです、どういうカスタムパーツがあるのか再度調べなおしてお勉強ですよ。



銃の前の方から、って事でMOEハンドガードです。
一番よく見かけるこれは「カービンレングス」で短いタイプですね。
四面レイルでゴリゴリしてるのがあんまし好きじゃないんでシンプルなデザインの物を。
MOE規格のアタッチメントパーツがあるので各種アタッチメントを直付けできる他、レイルパネルもネジ止めできるようです。
んでまー最近のハンドガードはレシーバーにネジ止めしててフローティングバレル化してるらしいので、
MOEも少し古くなりつつあるようです。
いやまー俺の常識って89式が新型で何時行きわたるかわかんなかった時代で止まってるし。


中間の長さでMOEハンドガードのミッドレングスと言う物もあるようです。
あんまし見かけません。
銃身長は同じまま(14インチくらい?)で前の方までハンドガード伸ばしてアタッチメント装着可能面積を増やすとか
コスタ撃ち様のフォアグリップ前の方に着けるとかそう言う用途でどうか?


MOEハンドガード、ライフルレングス
フルサイズのM16と同じサイズで近代化するための物でしょうかね。
検索するとM203と組み合わせた物が出て来てカコイイです、欲しいです、金無いです。
IAR風カスタムとかスナイパー(マークスマン)風カスタムとかも良いかもしれません。


前の方からと言う事でフォアグリップです、MVGと言うらしいです。
MOEバーティカルグリップの略らしいです、高機動型ザクとかその辺かと思ったらそっちはMSVでした。
MOEハンドガードの穴にネジ止めするタイプですね、M4MOEとMASADAくらいしか対応してないですが別にいいです。


これはRVGと言うらしいです、レイルバーティカルグリップでしょうか?
シンプルだね。


なんか最近よく見かける三角のアレ。
AFGと言うらしい、アングルドフォアグリップらしい。
なんか調べて見ると他のメーカーから三角形だけどなんか違う奴が複数あったんですが、結局一番デザインが
気に入ったのがマグプルのなんでまあ買うとしたらマグプルでいいかな、と。


んで調べてたら厄介な事にマグプル社がAFG2と言う新型を出しているとの事であった。
上の方への飛び出しが無くなって他のアタッチメントと干渉しにくくなったとの事。




なんかマグプル盛りになってますが、タンゴダウンやナイツアーマメントあたりのフォアグリップも着用例が多いですね。
覚えておこう。


フォアグリップとファンネルを兼ねたマグウェルグリップと言う商品もあるようです。
これはマガジンウェルに直接装着するタイプ。
フィンガーチャンネルなのはわかりますが、ファイヤーパターンの意匠の様にも見える。
なんか派手になりすぎるのと刻印が隠れるので見送りかな。


これもセパレートタイプのマグウェルグリップに分類されるのか?
最近はコンパクトに構えるのが流行ってる気がする。



んでまー基本的に20mmレイルがなんだかんだで今一番汎用性の高い規格なのでレイル付き銃買う可能性は有る次第ですが、
正直一番装着したいアイテムってレイルカバーです。
いやまースナッグプルーフって大事な様な気がする。
ナイツアーマメントタイプの物が一番良く見かける気がします、つーかジジャンクパーツセット買ったら紛れてたので既に持ってる。



マグプルはレイルカバー出してねーのかと思ったらしっかり出してた。
迷彩なのかと思ったら色が違うチップ混ぜて迷彩にしているというアイデア商品。
一応すでにナイツタイプのがあるので今回見送るが、将来レイルゴテ盛り銃を買ったら追加購入するかも。



トリガーガードもマグプル。
南部十四年式拳銃後期型のダルマにも通じる由緒正しいアイテム(?)
地味なアイテムですが寒冷地とかで手袋付けたときには操作性が向上すると思います。
俺が持ってるM4はマグプル刻印フレーム(量産されてないらしい)なので最初から広げてある上に固定式なのでつきません。


グリップもMOEMOEします。
素のM16系よりも前後に幅が広くなってますね。
個人的には握りやすいと思います。


MOEグリップの後継でMIADグリップという代物らしい。メイドグリップではない。
ミッションadaptableグリップ(任務適合銃把)の意味らしい。
adaptableどうでも良いがカタカナ英語として知らんかった単語なので辞書サイト検索して音声聞いてみたが、
アダプテボーと聞こえる、ミッションアダプテボーグリップって書いちゃってでいいのか?なんかよくなさそうだぞ!
それはともかくアレだ、グリップってのは銃持ってて一番よく触る部品なのでこういうサイズ調整可能なタイプが今まで無かった方が逆に不思議だ。
4GenグロックやM&P9の様に後部が差し替え式でサイズが可変するのと、フロントもフィンガーチャンネルの有無が選べる。
トイガンの場合モーターを内蔵してて換装するのが面倒くさいので手を出さないが、これはかなり気になる。


ストックなんだがMOEによく似たCTRが今は登場してるらしい。
QDマウントがついてる以外の差はなんかありそうなのによくわからない。


マグプルの固定式ストックもあるらしい、なんかヌッペリしてるシルエットで脛。


なんだか知らないがUBRと言うタイプもあるらしい。
UBRとMIADがついてると同じマグプルでも新世代感がある、だが形状はあんまし好みではない。


STRとか言うのも知らない間に登場していた。
なんか最近こういう太いストックのをよく見るが実銃の場合どういう機能があるのかは調べて無い。
エアガンならバッテリースペースになるんで便利かもしれない。


PRSと言うソ連軍の兵器っぽい名称のストックは猿の惑星のポスターかなんかで見た。
これはスナイパー用だと一目でわかる形状をしている。
こんな物があると俺がホシイホシイ病になっちゃうでしょ!
俺の財布に対する攻撃力の高い銃床である。


MS3スリングである、なんか安いスリング探してたら1000円以下から流通があった。
MS2とMS4のレプリカ流通があるが、スリングスイベルとの兼ね合いでMS3以外に選択肢はなかった。
別メーカーのスリングも一応調べて見たが正直値段との兼ね合いで最終的にMS3になった。
仕方ない。



MSA(MOEスリングアタッチメント)とRSA(レイルスリングアタッチメント)
前の方にも装着ポイントが欲しいと思ったらやっぱりマグプル。
汎用性の高さ考えたらやっぱり20mmレイルですかね。


ストック基部から一点釣りするのが最近の流行だと思う。
これはもうすでに購入してしまったのだが、マグプルのASAP、NSDAPの親戚かなんかではなく
アンビデクストラススリングアタッチメントポイントの略らしい。
アンビデクトラスとわざわざ銘打ってるだけあって左右スイッチがしやすそうなのでチョイスした。



とりあえず本日の結論。
たまにはマグプル以外と思ったが別にそうでもなかった。







同じカテゴリー(トイガン・デコガン)の記事画像
オールドリボルバー小集合!(60VS61VS73)
カスター将軍の復活 Part2
カスター将軍の復活 Part1
Custer's Nantoka
打撃力ぅ・・・ですかね
SAA各種カート
同じカテゴリー(トイガン・デコガン)の記事
 オールドリボルバー小集合!(60VS61VS73) (2017-12-18 00:01)
 カスター将軍の復活 Part2 (2017-12-17 00:01)
 カスター将軍の復活 Part1 (2017-12-16 00:01)
 Custer's Nantoka (2017-12-15 00:01)
 打撃力ぅ・・・ですかね (2017-12-14 00:01)
 SAA各種カート (2017-12-10 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。