2017年10月13日

実物VSレプリカ!AKスリング編

有色クロメート加工!(挨拶)

さあ今日もPV一桁で終わりそうな記事が始まるョ!
ソ連軍実物スリング(ラッキーソビエト品)と東京マルイ製と思われる中古レプリカスリング!
どっちがどっちかわかるかナ!!
なんか80年代後半風の文体になってます、きっとLSの呪いです。

#ちなみに上が実物です。


ちなみにこれはGHKのAKMに着けている物、ナスカンが頑強で銃に傷がついた。


んでまーフロントの裏側、実物のリベットの方がキチャナイ、きれいな方がマルイ。
ナスカン自体が良く映ってないですが、マルイのは普通のナスカンなので手で動かせます。
実物はクソ固い上にたまに曲がって戻らなくなる素晴らしいソビエツキー品質です。



縫製面、上が実物、下がマルイ。
糸の色が違います、縫製自体はマルイの方が圧倒的にキレイ。
あとまーここまで触れてないですが、生地自体の質感は非常によく似ています。


遊環、上が実物、下がマルイ。
ソ連製は合皮と言うかビニールですね、マルイ製はおそらく本革。

現状マルイは絶版で流通在庫か中古品を探すしかないですが、次世代AK47が発表されたので再版がかかると思います。
実物にこだわる人以外は多分マルイ製の方をお勧めします、どこがって言うとナスカンの差。
再現度は結構高いのと、実物はナスカンが固くて動かない上に無理して曲げると戻らないという代物がかなりの率で紛れてます。
共産圏の軍用品なのでロットや製造工場の違いでまた色々と品質が違ってくる可能性は高いですが、指で動かせるレベルの物はまだ見たこと無いですね。
仮にあったとしても年代や工場を指定して買える訳でもなし(そもそもスタンプも無い物が多い)、トイガンに着けるならマルイの方が良いと思います。

ただまーコレクション用として買ったりラッキーソビエトで貰ったりで実物スリング何本か持ってるんですがね。

そして!

おそらくKMプランニング製と思われるAKスリング、中古購入品を修理した物
生地が米軍ODっぽいのと金具が銀色、まあそれはそれでアリかな。
ソ連以外の衛星国の製品っぽくも見える。
なおオリジナルのナスカンは前オーナーが潰していたので廃材からリサイクルした品です。


同じくKMプランニング製と思われるAKスリングの遊環。
黒い合皮のリベット止めです。
ソ連製とは違うけどなんかこれはこれでありそうに思えるのがAKの不思議さw

安価で新品がまだ流通してるのでこれはこれで良いです。
実は56式の方が良いんじゃないかと思ってるんですが、まあそれはそれ、これはこれ。
ソ連AKと中共56式は別物という事で。(いや、混在させるのもそれはそれでアリ!)





同じカテゴリー(外国軍)の記事画像
10/7第二回お外でメタルギア参加!
「なんか新しい拳銃トイガン欲しいなぁ」から始まった世界の新鋭拳銃事情捜索
ゲルMARPAT地獄漆黒編
今なんか欲しいトイガンリスト
ゲルMARPAT地獄鳳凰編
やだなー、ボクはマルチカム買ってませんよー?(後編)
同じカテゴリー(外国軍)の記事
 ミリタリーアヌメ (2017-11-26 00:01)
 外国軍の研究 (2017-11-25 00:01)
 世界各国のパレード行進とか探していました(過去形) (2017-11-07 00:01)
 世界のいろんな音楽参考 (2017-11-02 00:01)
 世界各国のパレード行進参考 (2017-11-01 00:01)
 10/7第二回お外でメタルギア参加! (2017-10-22 00:01)

Posted by 猿野半長(転職したい) at 00:01│Comments(0)外国軍Союз
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。